お問い合わせ

納骨の種類 Plan

子供に迷惑をかけたくない、後継者がいない、先祖代々のお墓が遠方にあると 墓じまいをしたいというお客様の相談が増えております。
墓じまいをするには、受け入れ先の新規墓地を求め、現在あるお墓の役所にて 改葬許可申請書を受け取り、必要事項を記載してお墓の管理者(寺院など)の 署名捺印の上、改葬許可書として役所にて作成してもらえます。
手続きなど詳しい話はぜひご来店いただきご相談ください。



墓地の種類は公営墓地、民間霊園、寺院墓地があります。
越谷市では市が管理している公営墓地がない為、寺院墓地と民間霊園となります。
近くの公営霊園は川口にある安行霊園ですが、霊園の墓地がいっぱいの為、墓地の募集はしていないことと 川口市在住の方でないと申し込みもできません。

寺院が管理する墓地や毎週折り込みチラシが入ってくる霊園の特色として 管理者の違いがあります。
越谷市では約50ヵ寺と霊園が8つあります。
宗教法人が管理する寺院墓地と名義は宗教法人でも公益法人が管理する霊園です。
寺院墓地は葬儀や法要など菩提寺でやらなければならないといった制限はあるものの 最近ではお寺維持の為に寄付や護持会費などは無理にもらえないと言っているご住職もいらっしゃいます。
霊園は宗派の制限や寄付はないものの、横浜市栄区の横浜霊園などは管理者が破産し 一時は水も出ないし納骨もできないところもありました。

ご家族で話合い、どのようにするのかを考えることが必要です。

屋内の納骨堂と屋外の合同墓のような納骨堂があります。
越谷市でも檀家さんの為と納骨堂を作っている寺院は多く募集もしています。
特徴としては一般的に墓石を購入するよりも安価に選べることと永代供養もしていただける ところもあります。

お参りするところは一か所になっていることも多く、例えるならば お墓は一戸建て、納骨堂はマンションのようなものです。


大好きな沖縄の海に自分のお骨は散骨してほしいなど近年散骨を希望する方が増えています。
越谷市には海も山もありませんが、今新しい埋葬の考え方として、 海や山などご遺骨を粉骨にして撒く、海洋散骨、バルーン散骨、 宇宙散骨など様々な散骨の形があります。
メリットとしては、お墓を持つ必要がないことやかかる費用が安いことなどがあげられますが、 残された遺族や親族がお参りする対象が海や山などになってしまいます。
海がお墓、山がお墓と思える方にとっては本人の意思も尊重できる供養となります。



樹木葬と聞くと、山に行きお墓の代わりに好きな樹木を墓標として、 その下に遺骨を埋葬するイメージがあると思います。
越谷市を含め近隣の市での樹木葬は、一定の区画に草花を植えた墓石に納骨出来るスペースを 作って樹木葬と言っております。イメージしている自然葬とはちょっと違うと思いますが、 そもそも越谷に樹木葬ができる山はないので致し方ないのかもしれません。
従来のお墓とは異なる継承者が不要比較的お求めやすいのも特徴です。


大事なことはご家族の気持ちです。
子供に負担をかけたくないと、相談もなしに決めないでください。
お墓は残された人の供養のよりどころです。
ぜひご家族でしっかりと相談してください。